うつの原因と対策

うつの原因と対策

 

うつの原因と対策

 

うつ病は心の風邪とよくいわれます。うつ病は何がしかの原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが枯渇し、そのため、マインド面でも体の面でもさまざまな不調が表れる病気です。

 

うつ病は現代人の5人に1人が一度は経験するといわれています。これほどうつ病が多いのは現代人にストレスが多すぎるのが原因と考えられます。

 

西洋医学ではうつ病の原因は、脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどの異常な減少で起こるとされていますが、正確なうつ病の原因は不明です。

 

うつ病は、生真面目な仕事人間、完璧主義者で几帳面、家事や仕事を他人に任せられない、責任感や正義感が強く融通がきかないといった性格や昇進、転勤、出産、近親者の病気や死別などの生活環境の変化が組み合わされて、それが原因で起こるといわれています。

 

うつ病の原因の根本はストレスなのです。

 

東洋医学から見たうつの原因

 

東洋医学ではうつ病の原因は気のつまりとします。気の通りが悪くなると、悲しみや不安、怒り、焦り、自責の念、後悔、羞恥心、失望などの感情が滞留し、悩みが多くなり思考や行動を妨害するようになります。

 

そして、血流障害があり、強い冷えがあります。うつ病は基本、副交感神経の状態で起こります。しかし、高うつ剤や精神安定剤の飲用が長い場合は交感神経緊張型の血流障害、虚血が起こります。

 

そのためうつ病患者を白血球のバランスでみると交感神経優位の人と副交感神経優位の人、どちらかに偏りがあります。ただ、副交感神経優位のケースはうっ血が起こり、依存心が強い、甘えがない、自立心が薄い、自分で病気を治す気がないなど甘えた性格が原因で自律神経のバランスが乱れている場合が多いようです。

 

いずれにしても原因はともかくとして、うつ病は頭に熱がたまり、足に冷えのある頭熱足寒状態にあります。

 

うつ病の症状は、仕事や日常生活に差しさわりが出るほどの落ち込み方で、体に精神的、肉体的不調は起こりますが、検査をしても分からない状態です。

 

以前のうつ病は、外に出ることもできなくなるほどの方が殆どでしたが、現在のうつ病は、つらくても会社や家庭で何とか仕事をこなせる、軽いうつが2~3年続くという新しいタイプのうつ病患者が増えてきています。

 

軽いうつ病は、見た目には健康な人と変わらないため、単なる甘えと思われたり、うつ病になった本人さえも病気と気がつかない場合もあるようです。

 

うつ病患者はポケットに両手を入れて目線は常に下を向き、足を引きずるように歩き、暗い顔をして生気のないのが特徴です。

 

また、薬を長期間飲んでいる人ほど仮面のような顔となって笑顔がありません。

 

 

 

うつの治療は現代医学では、まずは休養、そして抗うつ剤の薬物療法、精神療法という組合せで行われます。うつ病の原因であるストレスから遠ざかり、心身ともにゆっくりと休養することを指示し、抗うつ剤の服用をすすめます。

 

 

 

 

しかしうつ病は、抗うつ剤で治せるのは20〜30%です。薬は対処療法で、再発率は50%といわれています。また、抗うつ剤には副作用があり、便秘、口乾、排尿障害、尿閉などの症状が現れます

 

とにかくうつ病は、薬よりも体を温め頭寒足熱の状態のさせるのが一番です。うつ病は心の面ばかりがいわれますが、体の冷えは尋常ではありません。体の冷えのうつ病の大きな原因とされています。

 

精神安定剤は抗うつざいは血管を収縮させ交感神経緊張状態を引き起こし、体の冷えを強化させます。体内に滞留した悪いものを体外に出さずに、しかも体を冷やして上半身のうっ血を強くさせます。

 

うつ病患者は、湯たんぽやかいろ、温泉、食事療法など、うつ病の原因の一つである体の冷えをとる試みをしましょう。体を温めることで心を開くきっかけは必ず訪れます。体を温めることで気力が徐々に回復し、がんばろうという気力が沸いてきます。

 

うつ病を支えるのは家族しかいません。「がんばれ」と励ましたり、気晴らしに誘うのは厳禁ですうつ病の人が自殺を考えるほど深刻な場合、言葉の端々にそのサインが現れていることがあるので注意深く見守りましょう。

 

うつ病患者に対して一番大事なのは「治るんだ」「大丈夫だ」という温かい安心を与える言葉です。うつ病の患者さんの白血球は、交感神経緊張型によるもの、副交感神経緊張型によるもの、ちょうど半々だそうです。

 

ストレスを受けて不安という葛藤の世界に入ると、自信を失ってあきらめてしまう人、自信を失うがゆえによりいっそう頑張りすぎてしまう人の2つに分かれるそうです。

 

うつ病の人に限らず、人は体温が低くなり、体が冷えると心まで冷え、マイナス思考に陥りやすくなります。体温を上げて体を温めると気分が高揚し活動的になります。

 

うつ病を治すにはまずは、体を温めることを優先するのが一番です。

 

精神状態を論理的に把握する

 

脈拍は体の状態はもちろん、人の精神状態もよく分かります。悲しくてたまらないときや気分が落ち込んでいるときはとても脈拍は少ないものです。

 

手首の付け根で脈を15秒間測ってみて4倍してみましょう。50〜60なら落ち込み気味、65〜70は平常、75以上はやるき満々、80以上はウキウキが怒って興奮している精神状態です。

 

脈拍と白血球は連動していて、気分が高揚しているときは脈拍数が多く顆粒球がふえて、落ち込んでいるときは、脈拍数が少なくリンパ球がふえています。

 

これに体温の要素が加わり、体調ややる気、仕事の能率や心にまで影響を与えています。副交感神経優位の夜には、心がセンチメンタルになったり、幻想や妄想が膨らみます。交感神経優位の日中は、現実的になり、幻想も妄想も消えて現実の世界にひきもどされていきます。

 

平常時の脈拍を知っていれば、気分や体調も知ることができ、脈拍が少ないときは体を温めて、多いときは一息ついて気分転換をできます。

 

何か辛いことがあっても、うれしいことがあっても体は正直で、脈拍を測れば心を隠すことはできません。

 

人は体が冷えるとあらゆる病気にかかりやすくなります。低体温と無関係ではないものに自殺があります。自殺する人のほとんどがうつ病もしくはうつ状態にあるといわれています。

 

自殺が多い国はハンガリー、フィンランド、スウェーデン、日本では秋田、岩手、新潟、青森です。これらの地域は日照量も少なく気温も低い地域です。

 

うつ病の原因は低体温だともいわれています。うつ病は特に冬の季節が一番症状がひどく、11月から3月までは一番うつ病患者が多い季節です。

 

これは季節うつ病といわれ、春や夏は元気に過ごしても気温が低くなる秋から冬にかけてうつ病がひどくなります。

 

うつ病の傾向は、体温の低い午前中は不調で、昼から午後にかけて体温が上がってくると元気が出てくるようです。

 

うつ病になりやすい人は、小柄な人より優しそうな大柄な人の方が多いといわれています。またうつ病は真面目で責任感の強い人に多いようです。

 

うつ病の人の脳内はうつ病の原因でもあるのですが、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質のはたらきが低下しているため活力や意欲にかかわる物質のバランスが乱れて症状が現れてきます。

 

うつ病の人は、なかなかうつ病という病気を理解されずに性格のせいにされがちですが、周囲も本人も気力がないではなく、がんばらないようにすることが重要です。

 

>>サラリと読めてためになる無料メルマガ、1日1分!健康情報はこちら